医療事務の資格取得を目指す方向けに、効率のよい早朝学習のコツについて紹介します。

サイトマップ

● 効率のよい早朝学習のコツ - 医療事務の勉強

医療事務のイメージ

医療事務の勉強法として、早朝に学習することの有用性を簡単に説明します。 早朝学習は、時間管理においても大きな武器になります。 勉強時間を確保することと、時間を管理することに関しては、もっとも効果が期待できるのが、この早朝学習です。

「朝の一時間は夜の三時間」とも言われます。 昼間に仕事や学校で疲れた状態で夜に3時間勉強するよりも、 その日は寝て早く起きた朝に一時間勉強する方が効果があるということです。 これで、睡眠も勉強も損はなしです。

また、早朝に学習するメリットの1つは、早朝は「静か」で誰も「邪魔」しないし、 思考や学習を妨げる酒やテレビなどの誘惑も、あまりないということがあげられます。 これは早朝に「勉強」だけではなく、早朝に「仕事」をすることも同じことがいえますね。

また、24時間という時間は全ての人に平等に当てられています。早朝学習によってこれを最大限に利用することが可能になるのです。 勉強をする人の多くは夜型人間です。 当たり前ですが、普通、医療事務の試験は朝からありますので、当然朝に勉強した方がいいのも明らかですね。 「早起きは三文の徳」どころではないですね。 早起きすることの有用性を考えれば、頑張って朝起きてみようと思いませんか?

さらに、早朝に作業をすることにより一日を「二日」に分けると考えることも出来ます。 午前5時から8時で三時間で一日分、それからもう一日分とすることで、1日に2倍勉強することができます!

もちろん、そんな単純ではありませんが試してみる価値はありますよ。 おそらく、この医療事務の早朝学習は私が考える学習方法のなかでは、最も難しいことだと思います。 なぜなら相当な意志の強さが必要だからです。

ただし、この早起きすることは「誰にでもやろうと思えば出来ること」であるのも忘れてはいけません。 さらに、あなたのライバルの多くは夜型人間です。 ここであなたが、朝方になればこれだけでかなりの差をつけることが出来ます。

なにも医療事務の勉強だけしろというわけではありませんが、ライバルに差をつけたい人にとっては、早起きがどれだけ得かということはお分かりいただけたと思います。始めは少しずつで大丈夫です。明日から30だけ早く起きてみませんか?



モチベーション対策法 一覧に戻る  よくわかる医療事務 TOP PAGE

<スポンサードリンク>
全国の専門学校の特徴とレビューをご紹介
全国で掲載している求人情報のご紹介
講座を利用したみんなの体験談
履歴書に記載する志望動機の例
ご質問やお悩み「なんでも掲示板」
管理人のfacebookページ

おすすめ通信・通学講座のご紹介

資格の特徴について詳しくご紹介

実際の現場の仕事待遇を知る

学習方法の違いとメリットデメリット

スキルアップのために役立つ資格

その他の情報について

 


Copyright © 医療事務 資格取得 - よくわかる医療事務 All Rights Reserved.